日本の20歳とスウェーデンの65歳の共通点?!

国際成人力調査というものがある。世界21か国の16歳~65歳を対象に、読解力、数的思考力、IT活用による問題解決力を調査する。2012年の同調査で日本の平均得点はトップとなり、「成人学力世界一」と認められた。

その一方で知的好奇心においては、著しく低いという結果が出た。知的好奇心とは、すなわち「新しいことを学びたい」という欲望である。例えば日本の20歳の知的好奇心は、スウェーデンの65歳と同レベルだという。スウェーデンの65歳が恐ろしいほどに新しいことを知りたがるのか、日本の20歳が老後並みの平穏を求めているのか。

ダイバーシティの時代、ハイテクノロジーの時代、すべてが急激な変貌を遂げる時代において、人生を豊かに生きる鍵は、常に書き換えられる情報や常識をいち早く学びとる好奇心と意欲、そして柔軟性なのではないだろうか。

年齢別の幸福度の推移調査においても、日本の平均は、十代に幸福度がピークとなり、60代まで一気に下降線をたどり、最低値に到達したまま再び上がることはなくそのまま継続する。これに対して欧米諸国では、下降線は40代くらいまでで、60代からは再度上昇していくとされている。

常に新しいことを知りたいと望む知的好奇心も同様で、本来年齢に左右されるものではなく、あくまで個人的な意思と生活環境が影響するのではないだろうか。2018年の世界幸福度ランキング1位であり、生涯学習の先進国のフィンランドは、成人の9割が「新しいことを学ぶのが好きだ」と答えている。幸福度ランキングの上位国の傾向として、成人学力と知的好奇心がバランス良く高いのである。

日本の企業でもようやく「社員幸福度の重要性」に注目されるようになった。そこが業績の向上、会社の生き残りにつながることが実証されてきたからだ。

職場環境は、社内のコミュニケーションは、さらには会社目標そのものが、社員の知的好奇心を刺激するレベルを常に保ちながら、進化もしていっているだろうか。

働き方改革を行っていく中で、人間の知的好奇心に注目することも、新しい取り組みとして効果が期待されるのではないだろうか。

リンク:ワークスタイリスト養成講座