告白します!社員エンゲージメントと成功術

私はみなさんに告白しなければならないことがあります。それは、今まで企業経営者、会社の取締役、などいろいろな立場にいたにも関わらず「社員エンゲージメント」に対する明確な理解が実は出来ていなかったのです。「社員エンゲージメント」といえば聞こえはいいのですが、経営者の立場で、全社員に対して、100%集中する事を望むことなのでしょうか?

 “社員エンゲージメントの高さと収益に具体的にどの様な因果関係があるのか?”

この疑問が常に頭をよぎります。

正直、社員エンゲージメントに関して、顧客満足度調査と同様に、企業の損益、社員の生産性、最前線で働く社員のパフォーマンス度等を容易に数値化を行い、測定するものとしか捉えていない時期もあったので。ビジネスを成長させ、素晴らしい商品/サービスをお客様に展開しようと日々もがく中で、社員が会社にどれだけの“エンゲージメント”を持っているのかに関しては、後回しになりがちでした。

これまで数多くのグローバル企業と関わってきた中で、グローバル企業での社員エンゲージメントはさらに複雑になることを実感しました。複数の国が関わり、時差もある、言語も異なる、文化や習慣も違うという環境で事業を行うのですから、社員エンゲージメントを高めることはより難しくなってきます。

ここ10年ほどで、日本でも”社員最優先主義” に関する記事や、議論が成される機会は確実に増加してきました。実際、多くの企業のホームページで、その様なスローガンが公開されています。どれもが、明確な企業理念、会社目標、ビジョンや価値感と共に、企業文化を構築することが軸となってのスローガンです。 残念ながら、これらは経営陣や人事部の一部のみで動き出したものの、大多数の社員にはスローガンの真意が響いていないことが多いのです。

企業がグローバル化していく今日、世界でビジネスを展開し、各地に拠点とを置く会社にとって、社員が日々集中して、信念を持って仕事に臨んでいるかは、極めて重要なポイントとになっているのです。 企業の規模感だけでなく、そこで働く人々と仕事との距離感も問題となっています。

企業成功にとって人材が大切であり、さらに社員エンゲージメントが企業成功の度合いを測るのに適格な物差しとなると考える事ができるなら、あらためて社員エンゲージメントとは何なのか、その定義は何なのかをじっくりと考えていくべきなのです。

  —– 一緒に考えていきましょう! —–

社員エンゲージメントの定義づけ
 ~何があてはまり、何があてはまらないのか~

社員エンゲージメントを定義づける前に、まずエンゲージメントにあてはまらない項目を検証していきましょう。

社員エンゲージメントは、単に職場での社員幸福度を指し示しているものではありません(社員幸福度に関しては別の機会に深堀します!)。会社にダーツやビリヤードを設置したり、カフェを設置したからといってエンゲージメントは向上しません。その場しのぎの一時的な方法では、社員の信頼や仕事に対する熱いやる気は得られないものなのです。

社員エンゲージメントは社員満足度とも異なります。人事部が社員に対して満足度調査を行うこと自体は有効的ですが、満足度の高い社員が必ずしもエンゲージメントの高い社員とは限らないのです。満足度の高い社員は朝9時に出社し、しっかりと仕事をこなし夕方5時に帰宅するでしょう。しかし、必要にかられて残業をしたり、お客様から要求で休日出勤をすすんですることはないでしょう。SNSや友人に会社に関する誹謗中傷を行うことはなくても、会社の応援団的な心強い存在になってはくれないでしょう。

管理職や人事部が社員幸福度や満足度の向上に努めることは大切です。しかしながらせっかくの努力を一時的で地に足が付かない状況で終わらせてしまう場合も多いのです。社員がベストパフォーマンスを発揮できる職場環境を確保するためには、この問題に腰を据えて取り組まない限り、結果がマイナスな方向へいってしまう可能性があるのです。

社員エンゲージメントは、良いことずくめ

ゴールはここです!社員エンゲージメントとは、社員の会社に対する“貢献意欲”を表します。エンゲージメント度が高い社員はお金のためや出世のため、上司からの評価のために働くのではありません。例えば1コール目で電話を取るカスタマーサービスや、お客様が探している商品が別の店舗にあるのなら入手できる様尽力する販売員、大事な伝言連絡に自ら客室に出向くホテルのフロントクラーク、プロジェクトを期日内に完了させるために休みを返上して働くプロジェクトアシスタントなど。

  ——- 社員エンゲージメントとは何か掴めてきましたか?——

私自身、経営者として、人事に関わる経験や視点から、少しづつ掴みとってきたものです!それは単に感情的なもの(幸福感)ではなく、単にただ感覚的なもの(満足感)でもありません。2つの指標の良いとこ取りなのです。「社員に対してエンゲージメントとは何かを明確に説明でき、定期的にエンゲージメント度を調査し、向上できる対策を提供する」、こうした姿勢を持つ経営者と企業は世界的に成功するでしょう。

それはなぜなのか?次回のコラムで引き続き掘り下げていきましょう。

文:奥山由実子