「新卒に英語力は必要!?」

グローバル化が叫ばれている世の中ですが、
採用基準や昇進の基準として、英語力を社員に求める企業も多くなっているのではないでしょうか。

以前、TBS系で放送された番組「林先生が驚く初耳学!」での、林修氏の「英語ができる」に対する持論が話題を呼びました。
林氏は番組内で、日本の某有名企業の新卒採用基準を例として出しました。
1:英語ができて、仕事もできる人
2:英語ができて、仕事ができない人
3:英語ができず、仕事はできる人
4:英語ができず、仕事もできない人

上記の4つのタイプの中で、当然ながら、採用したい人材のトップは、1の「英語ができて、仕事もできる人」であるというのはお分かりいただけると思います。

その次は3の「英語ができず、仕事はできる人」ですが、その次は4の「英語もできず、仕事もできない人」だと言われています。

「英語ができて、仕事ができない人」が最下位になった理由は想像付きますでしょうか。

林氏は、「英語ができることを、仕事ができる、と勘違いする人が一番使い物にならない」と語りました。
そう勘違いする学生側も、雇用する側も問題あり、なのだろうと思います。

さらに林氏は「日本社会は、物差しが狂っていると感じることがある」「英語が話せるかどうかより、何を英語で話せるかが大事。英語が話せても、話す内容を考えられる思考力がなければ意味がない」とも話していました。

英語力=グローバル対応力?日本の「英語史上主義」は、長年の風土のようにもなっていますが、少なくとも英語力だけではグローバル化には結びつかないのです。

英語はもちろん、外国語を習得することは、プライベートでもキャリアでも、生きている世界が確実に広がるものの、言語はあくまでツールであり、重要なのは「思考力」「順応力」「人間力」。

つまりはそれらが「グローバル対応力」を形成するのであり、会話は成り立っても、グローバルな姿勢と対応力無くしては相互理解もそこから生まれるものも限界が作られてしまうのではないでしょうか。

日本では義務教育での外国語教育も、外国語スクールも充実しており、短期長期に関わらず海外留学経験者も多くなってきています。
日常生活の中には横文字とカタカナが溢れており、海外のニュースやトレンドはほぼ時差もなく届きますよね。


さらには一般メディアで、気軽に当たり前のように海外取材が行われる特異なほどに恵まれた国であり、国際的な言語環境や情報に恵まれている中で暮らしているのに、グローバル対応力が欠けているというのは勿体ない事実ですよね。

そこで、グローバル人とはどう育つのか、そのステップをご紹介します。
1:他国の文化、歴史、習慣を知り、認める。
2:他国と自国との違いを、優劣の判断ではなく理解する。
3:違いから生まれる素晴らしい結果を導くための、知恵と行動を惜しまない。
そして、ここにツールとしての語学力が加わります。
日本企業の海外進出は今後も成長し、日本国内での海外からのビジネスチャンスはさらに拡大します。
また外国人雇用も国内・海外を問わず、必須となる時代を迎えており、これからの日本企業に求められるグローバル対応力は、会社文化や働き方の見直しといったワークスタイル改革をはじめ、個々の社員に向けての異文化コミュニケーションやグローバル・ダイバーシティ社会の理解を深める取り組みをしていくことで、強めていくことは可能性です。

弊社では、1月22日(水)17時からグローバルマインドを身に付けるセミナーを開催予定です。

◆セミナーテーマ:最短でグローバルリーダーになる3つの要件~グローバル時代を生き抜く為の異文化コミュニケーション~
◆詳しくはこちらから:http://bit.ly/2Pp2sA0