コロナ禍で見えた日本型マネジメントの限界~時間型管理 VS タスク型管理 ~

新型コロナウイルスの影響を受けてテレワークが定着する中、人事制度や組織の在り方を見直し始める企業が出てきました。
その中で注目されている1つおキーワードが「ジョブ型雇用」。
これは今後の日本型雇用の見直しとして経団連でもかねてから検討を進めてきたテーマであり、
最近では富士通や日立製作所、資生堂などの日本の大手企業がジョブ型雇用を採用し始めていますね。
これまでの日本の組織は「メンバーシップ型」であると言われており、

・終身雇用
・年功序列
・ポテンシャル人材を育成
といった様に、世界で見ても独特な「会社一体となった組織運営」が主流でした。

これまで日本の発展に大きく貢献してきた大手企業が何故このタイミングで「メンバーシップ型」から「ジョブ型」に切り替えているのでしょうか。
それは、今回のコロナ禍に伴い雇用状況が激変し、これまでの組織マネジメントでは限界が近づいているからなのです。

【このような限界を感じていませんか】

・管理職、中間管理職として業務管理にとにかく追われている
・テレワークでのメンバー管理、業務管理が難しく頭を抱えている
・チームのメンバー間で業務量の偏りがあり、業務過多に悩むメンバーがいる

経済活動が徐々に戻りつつある今、
今後のアフターコロナの時代に向けて一度立ち止まり、今後の適切なマネジメントを見直しませんか。
当日は、これからの時代に必要な業務とメンバ―管理の概念をお伝えします。

◆過去受講者の声

◎経営者の立場として「社員を雇っている=社員の勤務時間を拘束している」という考え方から解放されました。◎タスクベースでの管理は、テレワークやるやらないに関わらず、導入したい項目だと感じました。
◎具体的な方法もお伝えいただき、早速実践しております。チームメンバーともシェアしてみようと思います。
◎非常に要点がまとめられていてわかりやすく、時間やテンポも最高でした!実践で活用できる点がいいですね!◎今話題のジョブ型雇用に関して理解を深めることが出来ました。

セミナー内容

【セミナー詳細】
・コロナ禍で見えた日本型組織の終焉
アフターコロナ時代を勝ち抜くマネジメント法
・時間型管理 VS タスク型管理
・集中力の観点から見る シングルタスク VS マルチタスク
ジョブ型雇用へシフトする為のマインドセット

【セミナー講師】
奥山由実子
株式会社カルチャリア代表取締役社長
国際人事コンサルタント

東京、浅草出身。最大手企業研修専門会社で、企画、営業、マネージメントを担当。1993年同社駐在員としてニューヨークに赴任。同年、米国に人事コンサルティング会社(本社・ニューヨーク)を設立。以来、2500以上にのぼる在米日本企業、日本国内の企業に社員研修や人材育成のためのプロジェクトを提言。日本企業としての独自性を尊重しながら、世界標準の人事システムの導入を推進、経営の高度化と人的資源の解決と防止などに大きく貢献してきた。成功実例から培ったノウハウ、クライアント企業からの熱い信頼と支援のもと、2006年6月、東京に株式会社イマジナを設立。

人事改革と企業ブランディングを行う。そして、2017年、加速する日本のグローバル化と、その中で求められる職場環境改善に使命を感じ、【社員のしあわせをデザインする】をコンセプトにしたワークスタイル改革を実践する株式会社カルチャリアを設立した。ニューヨークでの最初の起業時からの夢でもあった、日本企業の働き方を変えるための多種多様なプロジェクトを提供している。

≪講演実績例≫
リコーインダストリーグループ講演
一般社団法人PMI日本支部(日本IBM主催)講演
伸びてる会社は月曜の朝が一番楽しい(ダイヤモンド社主催セミナー)
無印良品パネルディスカッション(アウターブランディング成功事例セミナー)
日本経新聞社・カルティエ協賛ウーマンズ・イニシアティブ・フォーラム(起業を目指す女性のためのスキルアップセミナー)

日程 2020年7月16日(木)
時間 13時~13時45分(講義30分、Q&A15分)
会場名 オンライン実施(YoutubeLive)
場所
アクセス
参加費 無料
定員
講師 奥山 由実子