【セミナーレポート】目からウロコの職場環境改善セミナー


大好評で終了いたしました!

 職場とは特殊な環境である。環境の成り立ちの基礎を知り、職場環境を構成する要素を把握することから、「片付け」と「社員幸福度」をキイワードにして、職場環境改善を新しい切り口、画期的な実践法でご紹介しました。

セミナーレポート

環境とは何か?そして、環境の中でも特に特殊で、複雑と言っていいのが職場環境。職場環境を構成しているハード(見える環境)とソフト(見えない環境)を把握することからスタートしました。

ご参加の皆様には実際に、ご自身の職場の中にあるハード(見える環境)とソフト(見えない環境)の棚卸しをしていただくことから、社員ひとりひとりの感情、オフィス家具の配置、書類や資料の片付き具合、照明や空調、そして社名まで、ありとあらゆる要素が職場の環境を構成していることを再認識していただきました。

改善しようとしているものが何なのかを完全に理解する、状態・状況を把握することで、それが大きな「環境」であっても、必ず対応策が出てきます。

また、毎日触れている会社のデスクも環境のひとつであり、さらには社員の心身の健康、パフォーマンス、そして会社全体の業績にも影響するということもご理解いただけました。

終了後のアンケートでは

「社員ひとりひとりの感情で環境が変わるとは、思っていなかった」
「環境の考え方が変わった。実践して活かしたい」
「自分の半径2m環境の構築実践はすぐやりたい」
「片付けは、捨てることが目標ではないという新しい概念」
「自社の問題点の解決策が多く含まれていた」
「習慣と環境がワンセットだという気づきがあった」
「言葉が環境になる」
「あらためて、職場環境の大切さに気づいた」

などのご感想をいただきました。

職場環境改善、働き方改革は、「時短」「女性活用」「在宅ワーク」「ダイバーシティ」などの習慣改善のみに注目が集まりがちですが、そういった習慣改善を成功させるにも、習慣と環境はワンセットとして捉え、相互サポートで改善・改革をしていくことが大切です。

ひとりひとりが自分を中心にした半径2mの環境の幸福度を高めることで、大きな環境も変えていけるということを、皆様と共有できたセミナーでした。

 

【講師】

永田広美 株式会社カルチャリア ワークスタイルコンサルタント

東京都出身。アメリカ在住歴27年。アメリカでは大手企業のマーケティング、PR、ブランディングをはじめ、ラジオパーソナリティ、通訳、翻訳家、エッセイストとしても活躍。ハワイ伝統の環境学を基盤にした空間ソリューションを提唱し、人と住環境の関係改善を唱える講演やセミナーを米国、日本、アジア各地行っており、メディアでも多く取り上げられている。自身のブログは、世界地域情報、北米地区ランキング1位の記録を持つ。
ハワイ式風水創始者、古民家鑑定士、初代住育コンシェルジェ、富山県南砺市婚活大使。

著書

ほか

 

セミナー内容

職場環境と業績

●環境とは何か?職場環境は何で構成されているのか?
●職場を構成するハード(見える環境)とソフト(見えない環境)を棚卸しする。
●職場のハード(見える環境)とソフト(見えない環境)の現状を把握する。

会社のデスクで何が起こっているか

●事件は会社のデスクで起きている!
●デスクは社員のパフォーマンスに影響する
●天才の机と「忙しい」が口ぐせの社員の机の違い
●「片づけられない」は思い込み。
●「片付け」から「型づけ」に変える。

半径2mの法則

●パーソナルスペースを知ろう
●自分を中心にした半径2m環境で幸福度構築
●机中心半径2mのハード(見える環境)とソフト(見えない環境)
●一人の環境が、大きな環境に影響を与える仕組み

会社とパワースポット

●社内に作れるパワースポットとは
●最強の社長室の作り方

セミナー会場

株式会社カルチャリア(青山支社) 会議室

東京メトロ 銀座線・半蔵門線「青山一丁目駅」より徒歩2分
        都営大江戸線「青山一丁目駅」より徒歩2分

日程 20170927
時間 17:00〜18:00 (開場16:45)
会場名 株式会社カルチャリア(青山支社) 会議室
場所 東京都港区南青山2-2-8 DFビル3F
アクセス 東京メトロ 銀座線・半蔵門線「青山一丁目駅」より徒歩2分
        都営大江戸線「青山一丁目駅」より徒歩2分
参加費 無料
定員 20名
講師 永田広美