【セミナーレポート】汚デスクには主張がある!希望もある!

【右肩上がり働き方塾】Vol.2 満員御礼で終了いたしました!

「汚いデスクも、モノに溢れたオフィスも、業績向上の力に変えられる!」アメリカでのキャリア27年、ハワイ式風水創始者であり、環境整備マスターとして数多くの企業の働き方改革に取り組む永田広美が、汚いデスクの救済を突破口にして、どの会社にも起こり得る「社内が片付かない問題」の解決法を解説いたしました。

これまでの「片づけ」に関する思い込みと概念を一度手放ししていただくことで、すべての状況や問題には必ず解決の鍵が埋もれていること、その鍵の掘り出し方も共有させていただきました。

セミナーレポート

「なぜ?」の真相がわかれば片づけは可能、さらには業績向上の力に変わります!書類が山積みになったデスクの写真を見ていただきながら、「汚い!」「だらしない」という批判感情ではない、もっと深いメッセージを読み取っていただくご体験では、皆様鋭い洞察力で、「このデスクの持ち主は、今どんな状況下で仕事をしているのか」というポイントまで切り込んでいく捉え方をご理解いただきました。

多くの方が「片付け=捨てる技術」もしくは「片付け=収納術」という認識を持たれている中、「片づけ→型づけ」という新しい概念での取り組みにすることで、社内の感情整備や整理整頓が、業務改善や業績向上、企業文化の浸透につながっていくという内容にご共感いただきました。

終了後のアンケートでは;
「会社の目的、自分の目的、デスクの目的が一緒でなくてはならない、というのが印象的で、今、自社では社員の目的が一致していないことが課題だと気付きました」
「会社で共通の型を持つと言うことの大切さ。とても勉強になりました」
「型づけ、という言葉が新鮮に感じました」
「会社というより、自分の課題であると感じました」
「リバウンドすることないよう、安定感を持続させていきたいです」
「型づけ後のリバウンド対策が気になります」
「法的書類や溜まっていく書類の型づけ方法を学びたいです」
「付箋の話は、目からウロコでした」
「ペーパーレス化の型づけにも興味があります」
「すぐに応用したいと思いました」
「捨てるのではなく選ぶ、が印象に残りました」

などのご感想をいただきました。

「片づかない」「片づけられない」には必ず理由があります。そして、夢と希望と可能性が眠っています。誰にでもすぐに実践できる『スキル』を使って、社員の可能性を見出し、業績向上へと導いていっていただきたいと願っています。

セミナー内容

◆プログラム◆
・環境との関わり
・汚いデスクは誰のせい?
・そのスキル、「型づけ」と覚えてください。
・リバウンドしない、させない…魔法の数字
・汚デスクを生む要注意アイテム

【講師】永田 広美(ハワイ式風水創始者/環境整備マスター)

東京都出身。ハワイとニューヨークに在住27年。アメリカでは大手企業のマーケティング、PR、ブランディングをはじめ、通訳・翻訳家としても活躍。ライフコーチ、カウンセラーとしてのキャリアは20年を超える。人と住環境の関係改善を唱える講演やセミナーを米国、日本、アジア各地行っており、メディアでも多く取り上げられている。

働き方改革の鍵となる職場環境改善を「環境学」の視点から捉え、現在日本国内の様々な規模や業種の企業の「型づけ」プロジェクトを実践・指導している。カルチャリア・ワークスタイリスト養成講座では、カウンセリング、コミュニケーション、ビジネス環境学を担当。

【著書】
『あなたの人生を楽園にするハワイ式風水(サンマーク出版)』
『楽園セラピー(王様文庫)』ほか

 

セミナー会場

ビジネスエアポート六本木 会議室A

都営大江戸線「六本木」駅8番出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅3番出口より徒歩5分

日程 2018年5月15日(火)
時間 17:00~18:30(16:45開場)
会場名 ビジネスエアポート六本木 会議室A
場所 東京都港区六本木7-8-6 AXALL ROPPONGI 7F
アクセス 都営大江戸線「六本木」駅8番出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅3番出口より徒歩5分
参加費 ¥3,000 (現地払い)
定員 10名様まで
講師 永田 広美