テレワークでも会社の業績・利益を上げるたった2つの質問

利益を上げる質問

今回は、アメリカの調査会社ギャラップ社が1300万人のデータを元に導いた「会社の業績を診断するための12の質問」の中から「業績・ 利益を上げる 為の質問」を2つご紹介します。各質問へ1(完全に当てはまらない)~5(完全に当てはまる)の数値で答え、この数値が高くなればなるほど、会社の業績(生産性、利益、従業員定着率、顧客満足度)も比例して上昇するという分析結果が出ています。

組織を分析するための12の質問は下記の通りです。

Q01.職場で自分が何を期待されているのかを知っている
Q02.仕事をうまく行うために必要な材料や道具を与えられている
Q03.職場で最も得意なことをする機会が毎日与えられている
Q04.この7日間のうちに、よい仕事をしたと認められたり、褒められたりした
Q05.上司または職場の誰かが、自分をひとりの人間として気にかけてくれるようだ
Q06.職場の誰かが自分の成長を促してくれる
Q07.職場で自分の意見が尊重されるようだ
Q08.会社の使命や目的が、自分の仕事は重要だと感じさせてくれる
Q09.職場の同僚が真剣に質の高い仕事をしようとしている
Q10.職場に親友がいる
Q11.この6ヵ月のうちに、職場の誰かが自分の進歩について話してくれた
Q12.この1年のうちに、仕事について学び、成長する機会があった

上記の12の質問は、ただランダムに並んでいるのではなく、順番に考えていくことで、「優れた職場をつくるルートマップ」の役割も果たすように作成されています。
そこで今回は、「仕事の基本部分」でもある最初の2つの質問を、優れた職場の実現に向けた最初の一歩という形でご紹介します。

まず下記の質問について、仕事に取り組む従業員の視点で答えを考えてみてください。

Q01.職場で自分が何を期待されているのかを知っている

仕事の上で自分が何を期待されているかわかっているという質問ですが、皆さんの会社の従業員は、それぞれがやるべきことが明確に分かっていますか。
特に、この新型コロナウイルスの影響でテレワークを余儀なくされている企業が急速に増えている為、今こそ「会社の方向性」「やるべき事」「仕事の役割分担」を明確に伝えていくことが大切です。

そして2つめの質問はいかがでしょうか。
Q02.仕事をうまく行うために必要な材料や道具を与えられている
例えば、最近テレワークを導入し始めた企業では、従業員の皆様が自宅で働く為にWifiやPC、その他必要なツールは提供されていますか。
テレワーク実施を促進したものの十分なツールがない状態では本末転倒です。

また、日本は印鑑文化が残っており、印鑑をもらうためだけに出社をしているというニュースを聞きますが、こういった仕事のプロセスも根本も見直し、「仕事を適切遂行するための設備・状況を整える」ということが大切です。

新型コロナウイルスの影響で外部環境が大きく変わっていますが、どんな状況が来ても翻弄されずに仕事を行う為には、まずこの2つの質問にたいして徹底的に行動してみてください。

Youtube動画で続きをご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=tEEDr0iPEZQ

具体的な利益の向上を知りたい方はカルチャリアのコンサルティングを試しませんか?

会社の業績 利益アップ 利益の向上 利益を上げる