1on1は怖くない!1on1ミーティングを成功させる方法とは


職場や仕事環境は、人間関係を中心に成り立っています。
人間関係を構築・改善するためには、すべての従業員が自分の価値を認められていると感じることが何よりも大切です。

1on1ミーティングは時間もかかるし、面倒と感じる人もいるかもしれませんが、明らかにメリットがデメリットを上回ります。
社員個人のために時間をかけたり、慎重に準備・計画することは間違いなく価値があり、1on1ミーティングを成功させるために必要なことなのです。

1on1ミーティングとは?

この言葉は英語に由来しており、通常はマネージャーとチームメンバーの2人だけで行うミーティングを意味します。年間を通じてマネージャーとチームメンバーはさまざまなミーティングを行いますが、よくあるミーティングの例として業務の進捗確認や目標設定に対する振り返り、そして1on1が挙げられます。

1on1の重要なポイントの1つは、マネージャーが時間をかけてチームメンバーに直接フィードバックしたり、仕事をレビューすることです。

1on1を行うことで達成できる重要事例としては、以下のようなものがあります:

 1.信頼関係の構築
 2.情報収集と連携の維持
 3.お互いの成長のためのフィードバック
 4.キャリアアップなどの話題で盛り上がれる。

自分の時間を割いて相手を思いやることで、相手が自分を大切にしてくれていることを実感でき、それがチームメンバーのモチベーションアップにつながり、
会社全体の利益にもつながるのです。

では、上記以外にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

1on1ミーティングのメリット

1on1ミーティングは、業務のフィードバックや説明を受けるための時間になります。これは、職務上の成功やキャリアアップに役立ち、かつ必要なことです。マネージャーは業務をチェックするだけではなく、メンバーをサポートし、彼らの成長・成功を助けるためにいる存在なのです。

また、1on1はメンバーとマネージャーが思いや意見を共有する場であり、自分が何を期待されているのか、何をすべきなのかを正確に知ることができます。メンバー達は自分の置かれた状況を再確認することで、マネージャーと自分の間にあった仕事の優先順位へのミスマッチが解消され優先すべき業務に集中することができます。

マネージャーとしては、このようなミーティングを行うことでメンバーの成長を導き、問題の早期解決を図ることで、結果的に社員の定着率向上にもつながっていきます。

メンバーが現状に満足しているか、マネージャーとして何を改善すればよいかなど、マネージャー自身が気付きを得ることもできるのです。

マネージャーとしての成功が会議にかかっているだけでなく、会社の成功も1on1ミーティングに左右されると言えます。

1on1のやり方

1on1のミーティングを成功に導くには、いくつかの注意点があります。

次のようなことしてしまっては、1on1をしても意味がありません:

 ・ 頻度が少ない
 ・ 会議の目的が明確でない
 ・ 参加者の話を聞いていない
 ・ 参加者にとって本当に重要なことを話していない

では、ミーティングを最大限に活用するためには、どうすればよいのでしょうか。

1on1ミーティングは、参加者にとってユニークでパーソナライズされたものをおすすめします。
また、参加者は事前にいくつか準備しておいたほうが良い事があります。

1.1on1ミーティングはどのくらいの頻度でおこなうべきか(頻度)

1on1は毎週毎月やればよいというものではありません。
重要なのは、頻度や回数ではなく内容を順序立てて建設的に実施することです。

これは、会社の規模や業種、あるいは関係者がどれだけ忙しいかによって大きく異なります。
また対面で行うのか、オンラインで行うのか(特に昨今のように多くの人がリモートで仕事をしている場合)によっても、
そしてその会議の理由によっても異なります:

 ・ 四半期ごとの業績や達成した目標を確認するためのものであれば、毎週、あるいは毎月行っても意味はありません。
 ・ ある問題について話すのであれば(例:パフォーマンスが低下したため)、そのような事例が出た時のみ行う必要があります。

それぞれのミーティングに明確な目的があれば、1on1ミーティングの回数が多すぎるということはありません。

1on1のミーティングは、ミーティングを行うことが目的になってはなりません。

正しく行えば、中長期的な関係性に多くのプラス効果をもたらします。繰り返しになりますが、メンバーは自分が大切にされていると感じれば、モチベーションと生産性が向上し、会社にとってより良い結果になるのです。

2.どこでどのように会うか/インタビューを行うか(場所)

さまざまな要因で以前とは働き方が変わった今、ミーティングのスタイルも大きな変化があったと言えます。

だからといって1on1を避けてしまうのは得策ではありません。
可能な限り直接会って対面で話をすることが望ましいですが、それができない場合は、オンラインで話をすることをおすすめします。

もしくは、カフェでお茶を飲みながら、よりリラックスしてカジュアルなチャットをするのもいいかもしれませんね。

3.ミーティングの準備

前もって準備をしておけば、確認事項や話したかったことを忘れずに済みますし、時間を有効に使うことができます。
アジェンダほどでなくても、話したいことをいくつかメモしておくと非常に便利です。
これはマネージャーだけでなく、メンバーにも同じことが言えます。事前準備をすることで主旨を逸脱することなくミーティングに集中できるでしょう。

また会社の人事担当者として、参加者全員が有意義なミーティングだったと思えるようにする方法があります。

なぜ全員がミーティングに参加しなければならないのか、そのメリットは何かを明確にしましょう。
全員が自分のためになると思うことで初めて大切な時間を投資してくれます。

必要に応じて1on1ミーティング用のソフトウェアを活用しましょう。メーカーによって多少異なりますが、過去のパフォーマンスやイベントを簡単に参照したり、メモを同じ場所に保管したり、ミーティングのスケジュールを立てて実施できるなど、ソフトにはそれぞれ便利な機能があります。

あるソフトにはどのような質問をするか、どのようなトピックを盛り込むかなど、ミーティングの指針となるテンプレートが用意されているものもあります。
これは一貫したパターンや方法を維持するのに非常に役立つのでおすすめです。

1on1を行うことは、何も怖いことではなく、難しいことでもありません。正しい方法で行えば、その結果は社員個人だけでなく会社にとっても大きな利益になります

もし、あなたがまだ何をすべきか、どう改善すべきかわからないのであれば、次回のセミナーをチェックして申し込んでみてはいかがでしょうか?
>>>面倒な1on1会議からの脱却!部下の褒め方・叱り方テンプレート


人事担当者の方へ。マネージャーが1on1フィードバックやレビューを使いこなせるようになるために、専門研修に参加してもらうのはいかがでしょうか?
詳しくはトレーニングページをご覧ください。


↓↓↓下のハッシュタグをクリックすると、過去の関連コラムを見ることができます。↓↓↓

グローバルコンサルティング グローバル人事コンサルティング フィードバック マネジメント 人事コンサルティング 社員研修 管理職