~新しい働き方へのロードマップ~
人事は何からするべきか?アフターCOVIDの人事戦略

English below ↓

著者:クラム・ジョン

(Part 1 of 3)

昨年2020年の1月は、いろいろな意味で遠い昔のことのように思えます。 コロナといえばビールのブランドを思い浮かべた頃、マスクの着用義務がなかった頃、「ソーシャルディスタンス」という言葉が知られていなかった頃、ワクチンはインフルエンザの予防や海外の見知らぬ土地に旅行する際に摂取するものだった頃……。そんな無邪気で気楽な時でした。

当時の一般的な会社のオフィスは、まだごく「普通」のものでした。社員は毎日出社して、運良く「フレックスタイム」があれば、それを利用することができました。 同僚とは机を並べて座り、会議室では顔を合わせてミーティングをする。 一緒にランチを食べ、一緒にクライアントや見込み客を訪問し、就業後にみんなで吞みながら、たわいのない話やゴシップ、チャレンジや成果を共有したことでしょう。

この1年半で私たちが学んだことがあるとすれば、それは私たちがコントロールできないことが、いかに早く、深く、私たちの国や家族、コミュニティ、職場、そして私たちの生活に直接影響を与えるかということです。また、好むと好まざるとにかかわらず、COVID-19は私たちの仕事のやり方を永遠に変えてしまいました。仕事環境の未来はどのようになるのでしょうか? COVID-19は、具体的な計画や戦略を立ててウイルスを出し抜こうとしても無駄だということも教えてくれました。 しかし政治家であれ企業人であれ、責任あるリーダーは「COVIDと共に生きる」未来の世界がどのようなものになるのか、さまざまなシナリオを想定して複数の計画を立てる必要があるのです。

未来の働き方がどのようなものになるか、人事部は新しい働き方を先導していく立場にあります。確かに「一律」のアプローチはなく、地域や業界、企業文化などに応じて対応する必要がありますが、重要な分野にも大まかな傾向があることも事実であり、人事部は未来を勝ち取るために、これらに焦点を当てる必要があります。

本記事は、未来の人事がどのようなものになるのかを明らかにする3部作の第1部です。 このシリーズでは、ビジネスリーダーや人事部門が考慮すべき重要なマイルストーンを含むロードマップを描き、リーダーたちが新しい働き方を理解できるようにしています。

“The World at Work in 2025 Roadmap”
2025年への働き方ロードマップ

※EXMとは、Employee Experience Management入社から退職までの従業員の会社における体験を改善・管理する

このシリーズのパート2では、上記のカテゴリー(1)と(2)について深く掘り下げていきます。 近い将来の物理的なワークスペースはどのようなものになるのか、また、これからの新しい世界を進むために「2025年の仕事の世界はどのようになっているのか?」と題して、どのようなワークツールやテクノロジーが大きな役割を果たすのかを探ります。

次回のコラムもお楽しみに!

The Future of Human Resources
“Leading the New Way to Work in 2025”

(Part 1 of 3)

In many ways, January of 2020 seems like such a long time ago. An innocent and carefree time when corona was still a brand of beer, when there were no mask mandates, where “social distancing” was an unknown term, and vaccines were something you took when traveling abroad to strange and unknown lands.

The typical office in the average company at that time was still pretty “normal”; employees came into a physical space each day, if they were lucky that had “flex-time”. Coworkers sat at their desks, side-by-side, joined meetings in conference rooms where they spoke face-to-face. They ate lunch together, visited clients or prospective clients with their teammates, went to company dinners and after-dinner drinks together, shared stories, gossip, challenges and victories together.

Employees came into a physical space each day, if they were lucky that had “flex-time”. Coworkers sat at their desks, side-by-side, joined meetings in conference rooms where they spoke face-to-face.

If the last 18 months have taught us anything, it’s how quickly and deeply things beyond our control will directly impact our countries, our families, our communities, our workplaces and our lives. It’s also clear that, like it or not, COVID-19 has forever changed the way we work. What will the future look like? COVID-19 has also shown us the futility of trying to outsmart the virus by making concrete plans or strategies. Still, responsible leaders, whether they be politicians or business people, need to develop multiple plans and for the various scenarios of what a “living with COVID” future world will look like.

In regards to what the future of work will look like, Human Resources is in a unique position to help lead the way to discovering a new way to work. While it’s true that there’s no “one size fits all” approach and companies will need to adapt to changes based on their geographic location, industry, company culture and other factors- It’s also true that there are broad trends that are emerging as key areas- and HR must focus on these to win the future.

In regards to what the future of work will look like, Human Resources is in a unique position to help lead the way to discovering a new way to work.

This is Part 1 of a 3 Part Series that identifies and clarifies what the future of Human Resources will look like. It draws a roadmap with key milestones for business leaders and HR departments to consider, allowing leaders to help us understand the new way to work. There are 4 broad categories with 3 key points in each category with a resulting 12 Key drivers that the modern HR Manager may want to consider- each with benefits listed. We also list the benefits of each category and driver- for your consideration. Adapt, prioritize and combine these drivers depending on your industry, region, specific needs.

“The World at Work in 2025 Roadmap”
2025年への働き方ロードマップ

In part 2 of this Series, we will dive deeply into Categories (1) and (2) above. Exploring what the physical workspace for the near future looks like and what work tools and technologies will play big roles in helping workers navigate the new world of work. As we move ahead, we will focus on a simple yet profound question: “What will the world of work look like in 2025?”

We hope you join us for our next Column!

プロフィル
ジョン・クラム
取締役/コンサルティング部門

ニューヨーク出身。ニューヨークで人事コンサルティング会社を設立。
国際人事スペシャリストとして、多数の現地日系企業の人事システム構築や社員教育を行う。


↓↓↓下のタグをクリックすると、過去の関連コラムを見ることができます。↓↓↓

アフターCovid19 人事コンサルティング 人事の将来 働き方改革 職場環境改善