「グローバル」HRワークショップ
英会話ができてもグローバルでは仕事にならない!?「異文化で活躍する人材」を育成
~グローバルで活躍するための異文化コミュニケーション~

2020年以降、コロナの世界的な流行により、各国の入国・出国制限が強化されて、企業の海外赴任計画に大きな影響をもたらしました。
そんな状況下で、日本企業の海外駐在員のミッションや業務内容にも大きな変化が起きていると思われます。

過去1年で弊社にグローバル人事担当者からいただいたご相談です。

・コロナ禍で駐在時期が延期になっている。遠隔で現地とやりとりしているものの上手く伝わらず苦戦している
・駐在員の数が減り、同時に研修費用が削減され、赴任前研修が中止もしくは延期になっている
・ビザ等の手続きに時間を取られ、研修を十分に実施せずに駐在員を送り出してしまった
・英会話クラスだけを提供し特に駐在員研修をせずにこれまでも送り出している

当たり前が当たり前でなくなった今、駐在員がパフォーマンスを最大限に発揮できないと、メンタルストレスによる帰国だけでなく、現地社員のパフォーマンス低下、最終的には海外拠点の業績悪化を引き起こします。

そこで今回はアフターコロナでも「日本企業のグローバル化」を支えるべく、
海外駐在前研修で、年間1500名以上を15年間にわたり実施してきた内容を濃縮してお送りします。


オンラインで受講可能な為、どの国からでもご参加いただけます。

セミナーレポート

Closed

《受講者アンケートより一部抜粋》
◎異文化コミュニケーションの切り口を複数教えていただけ参考になりました。
◎短時間でしたが、非常に分かりやすく、内容も明確な講義でした。是非またの機会も参加させていただきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
◎異文化コミュニケーション力強化について考える第一歩になったように感じています。ありがとうございました。
◎コミュニケーションスタイルの違いが異文化の違いであること

セミナー内容

グローバルで活躍するための異文化コミュニケーション

グローバルで活躍するための英語力取得には2000時間が必要です。忙しいビジネスマンの方が英語力なしで駐在するのは危険です。語学取得に代わり、スムーズにビジネスするために、多国籍な環境下で異文化の壁を超えて、効果的に仕事ができる姿勢、知識、を伝授します。グローバルな視点で海外のビジネス文化を理解し、外国人の同僚、部下、上司、顧客、取引相手と良い関係を築き、効果的に仕事をする為に必要な異文化知識を身につけます。

【今回のHRワークショップ】
・グローバルマネジメントクイズ
・日本企業のグローバル化の現状
・異文化コミュニケーション(ソクラテス型 VS 孔子型)
・異文化コミュニケーション(単一型 VS 多元型)
・多国籍環境下での会議の進め方

【※ワークショップ対象者】
本セミナー経営、人事活動のお役に立てればと存じます。
ご好評いただき多くの方にご視聴いただき毎度満員となっております。
最も必要な方に本セミナーをお届けできればと存じますので 誠に勝手ながら今回のセミナーは
経営者・経営幹部・人事担当者・研修担当の方に 限定させていただければと存じます。
また、競合他社のご参加はお断りしております。ご了承ください。

日程 2022年6月21日(火)
時間 17:30~18:15(45分)
会場名 オンライン実施(Zoom)
場所
アクセス
参加費 無料
定員
講師 奥山由実子