グローバル研修
海外拠点をどうする?訴訟が起きない人件費削減のポイント3選
2億円のコスト削減に成功した経験から伝授(2022年編)

コロナ後の海外拠点の最適化が少しずつ近づいてきています。
そこで今回は、人事コストを2億減らしてきた経験から語る「訴訟対策」をお伝えします。

「訴訟対策」をしっかりと理解して、その方法をきちっと実践することにより、会社を訴訟から守り、またさらに社員の将来を考え、次のステップに行くためのしっかりしたコミニケーションを取ることが可能になります。
社員にも納得感があることで「恨み」や「怒り」などの感情を抑えることも可能です。

不当解雇や差別として訴訟されると平均1名4千万円から200億円という損害がある厳しい国アメリカで、年間100件以上の解雇案件は扱ってきた国際人事コンサルタントによる特別セッションです。

米国では弁護士に一件問い合わせをする前に、必ず「ダウンペイメント50万円」などが必要となることが一般的で、そのお金を払う前に担当者として知識を身につけませんか?

このセミナーでは日系企業の事例と実践的な内容でお送りします。

セミナーレポート

Closed

今回はを海外拠点をどうする?訴訟が起きない人件費削減のポイント3選ZOOMで開催しました。
ご参加していただいた皆様ともディスカッションができました。

《受講者アンケートより一部抜粋》
◎本社からセミナー情報をもらい関心がある内容だったので参加しました。
◎海外の昇給率。が印象に残った。
◎グローバルな人事報酬制度の方向性は仕事その物に着目するという内容。
◎グループ共通の評価制度

セミナー内容

【今回のHRワークショップ】

・米国と日本の人事制度の相違 基礎
・そもそも解雇はしていいのか?
・報酬制度は完璧か?【ポジションの上限設定を守っているか】
・解雇チェックリスト、プロセス
・ケーススタディ「オフィス閉鎖の担当者になったら?

【※ワークショップ対象者】
本セミナー経営、人事活動のお役に立てればと存じます。
ご好評いただき多くの方にご視聴いただき毎度満員となっております。
最も必要な方に本セミナーをお届けできればと存じますので 誠に勝手ながら今回のセミナーは
経営者・経営幹部・人事担当者・研修担当の方に 限定させていただければと存じます。
また、競合他社のご参加はお断りしております。ご了承ください。

日程 2022年3月23日(水)
時間 17:30~18:15(45分)
会場名 オンライン実施(Zoom)
場所
アクセス
参加費 無料
定員
講師 奥山由実子