ユーザーや組織がどういったものを求めているのか、そんな変化の兆しに敏感でありたい

東証プライム市場企業・ギークス株式会社のグループ会社であり、「アソビ創造集団。」をミッションに掲げスマートフォン向けゲームアプリの企画・開発・運営を行う、G2 Studios株式会社 代表取締役社長 桜井敦氏にお話を伺いました。

はじめに

スマートフォンゲーム業界は、業界自体が短いスパンでどんどん変化していきます。日々新しい作品が創出されますが、その度に変化や進化が起こり得ます。技術やトレンドが変わって行く中で、「ならば次はどういうものを作っていくか」と常に工夫し、挑戦していく必要があるのです。そのため、ユーザーが求めていることにアンテナを張り、我々自身が変わっていくことが求められる業界だと思っています。会社の仕組みであったり考え方だったり、そういった変わることに対しての「スピード感」が大切だと思います。

我々のギークスグループには「10の心得」というものがあり、その中に「Speed!Speed!Speed!」や「変化を楽しむ」という言葉があります。まさにこれが大事かなと思います。変化することが嫌だとか、スピード感がないとか、そういった時点でもはやこの業界で生き延びるのは非常に難しくなっていきます。今後そういったグループ理念を基に「変化に強い」そんな組織でありたいと思います。

業界を生き抜くスピード感を保つには、圧倒的な当事者意識が必要

ユーザーや組織がどういったものを求めているのか、そんな変化の兆しに敏感でありたい

スピードを保つことに必要なのは、やはりリーダーシップやオーナーシップの部分です。指示を待っているようでは乗り遅れてしまいますので、常に圧倒的な当事者意識を持つべきだと思っています。メンバーには、「自分はこれをしたいから」という個人に紐づく狭い視点ではなく、「会社にとってこういう方向性があって、将来的にこうした方が良いよね?」というように、自分がオーナーだったり経営者だったらどうするべきか、率先して自発的な考えを持ってほしいと思います。むしろそうでないとこの先、どんなに大きな組織だったとしても衰退していくでしょう。一人ひとりがきちんとオーナーシップを意識し、考え行動し、その中で自分はどうありたいのか、どうすることがベストなのかということを考えてほしいと思っています。

一方通行で凝り固まったものではなく、活きた研修を求めた結果がカルチャリアだった

今回はお互いを知るという基礎的なところから、「リーダーシップとは何なのか」「組織の中で自分はどうありたいのか」、という部分に焦点を当てた研修をしたいと考えていて、カルチャリアの奥山社長にご相談させてもらったところ、提供いただける研修内容が非常にピンポイントだったというのが理由です。あまり凝り固まった教材ではなく、活きた研修がとても欲しかったのですが、カルチャリアさんの研修素材がマッチしていたため、使わせていただきました。

インプットのみの一方通行な研修パッケージも多くありますが、そういうタイプの研修は、研修を受ける本人が求めていない情報は頭に入ってこないと思います。カルチャリアさんの研修は脳みそに汗をかいて、アウトプットすることがとても多い研修でした。研修後に社内でアンケートをとりましたが、インプットしたものをアウトプット(発言)する、そういったところがよかったという声が非常に多く上がっていました。アウトプットを意識すると、当然本人の中でのインプットの重要性が上がりますから、よく身に着くのだと思います。

一人ひとり考え方は違う――それが今回の研修における最大の気付き

ユーザーや組織がどういったものを求めているのか、そんな変化の兆しに敏感でありたい

実のところ、同じ会社で働いていても、「AさんとBさんは本当はお互いどう思っているか」などと話す機会は意外と少なく、仕事上の会話だけで終わってしまうことも多くあります。コミュニケーションを活発化させていくには、積極的に相手を知ることが大切ですよね。研修の中でもありました、「リンゴに対して思うことは一人ひとり違う」ということも学びの1つだったようです。「この人はそういうことを考えているのか」「そういう目線で見ているのか」ということを知った方が、後々に違和感や「私ちょっとずれてない?」といった認識齟齬に気づきやすくなり、無駄が無くなるというところが、今回の研修における最大の気づきだったのかなと思います。

我々のフィールドであるゲーム開発は、「こうあったら面白いよね」というカタチのないアイデアを最終的にスマートフォンのアプリケーションとしてカタチにしていきますが、実はその過程でコミュニケーションのズレが非常に起こりやすいのです。例えば「RPG」と言われたら、人それぞれ好きなRPGゲームを想像しますよね。「僕の中ではこれ」「私の中ではこれ」、まさにリンゴゲームみたいな話です。ずっと認識がズレたまま会話して、気付いたら思っていた形と違う方向に進行していることがよくあります。正直、実務になると研修で言ったことは大体忘れてしまいますが、今回は研修後の印象として「カルチャリアさんの研修でこういうことあった」という会話が増えていますね。研修で教わったことを実践しているなというのが言葉の端々から分かるメンバーもいて、そういう意味ではすごくいい効果があったと思います。

次世代の子ども達にゲームを通じて夢や楽しみ、熱中できるものを提供していく

現代において、私たちは小さい頃からゲームというものが身近にあります。全くゲームに触れたことがないという子どもは少数派でしょう。ボードゲームだってゲームですし、トランプもそう。何かしら人と対戦や駆け引きをして勝った・負けた、嬉しい・悔しいという体験をしているはずです。

これは人間の根幹だと思っていまして、心の豊かさを醸成するものだと思っています。ゲーム開発をしている我々は、次世代の子ども達に夢や楽しみ、熱中できるものを提供している立場なので、やはり我々自身がワクワクするようなもの、心から「これマジで面白い!」と感じられるものを作り出していくことが非常に大事だと思います。昨今のように大変な時期でも、「ちょっと現実から離れたいな」「ちょっと熱中したいな」「少し仕事の合間で遊びたいな」というような時にゲームをプレイしてほしいですし、それが人々の安らぎや心の豊さに繋がっていけば社会への貢献ということになるのだと思います。我々の開発したゲームで誰かの人生をハッピーにすることができているのであれば、我々もハッピーですね。

会社名 G2 Studios株式会社
URL https://g2-studios.net/
所在地 〒150-6139 Tokyo, Shibuya City, Shibuya, 2 Chome−24−12 スクランブルスクエア 39階 WeWork内
事業内容 スマートフォン向けゲームアプリの企画・開発・運営
設立 2018年5月1日
資本金 100,000,000円
代表者名 桜井 敦